GM's Cycling

Gyoza-Mimi's cycling diary

2020/11/22 福山市のヒルクライムコース「四川ダム~広瀬高原」。色々あったけど最長ロングライド。

前の日の夕方、次男と広島市ポケモンセンター(そごう内)にポケモンカードの最新版を買いにいった。レアカードが沢山ゲットできて、次男はご満悦。

広島そごうの同じ階に、紀伊國屋書店があって、自転車関係の雑誌をいくつか手に取った中に、自転車屋さんのおすすめヒルクライムコースとして、福山の「四川(しかわ)ダム」のコースが挙げられていた。

STRAVAで同コースを走っている人もいて、気にはなっていたのでちょっと遠いけどいってみた。

Garminのナビの活用の仕方

ルートはいつも尾道福山方面に行くときに通る、県道55号線を通って尾道へ、国道184号線を経由して県道54号線を抜け、国道2号線(旧道)で福山に至る。その後芦田川沿いを北上していく。

この辺りのルートは、STRAVAの他の人のライド記録からGPXデータを取得し、Garminのナビに入れた。Garminのナビ通り進んだので、正直どこを走っているのかよくわかっていなかったが。

f:id:gyozamimi:20201123184233j:plain

いつもGarminのナビにはイライラさせられていた。アプリ任せでルートを作成すると、とんでもない道を通らされる。ちょっと道を外れるとしばらくアラームが鳴り続けてうるさいので、途中でGariminのナビを諦めて、スマホGoogle Mapに頼ることが多かった。

他の人(おそらく道に慣れた人)が実際に通った道だと、変な道に案内されることもなく、効率よく進むことができた。

ルート作成機能のコツがわかった気がした。

ドラムの音が響き渡る四川ダム

家を出て50km近く走ったところで、ヒルクライムコースに到着。勾配はあまり大きくないので、気軽に登れるコースかもしれない。

曇り空だったせいもあってか、紅葉は鮮やかさを超えて少しくすんだ色合い。

ダムの付近まで上がってくると、「電車が通ってる?」と思わせる大きな音がしている。良く聞くと誰かがドラムの練習をしている音だとわかる。ダムを見渡せる駐車場のところで、ドラムセットを出して音をかき鳴らしているおじさんがいた。

山間の地域なのでドラムの音が良く響いていた。上手くないとなかなかできないことだろうけど、大自然の中で大音響で叩くドラムはさぞ気持ちいいことだろう。

f:id:gyozamimi:20201123184315j:plain

f:id:gyozamimi:20201123184326j:plain

f:id:gyozamimi:20201123184336j:plain

f:id:gyozamimi:20201123184347j:plain

ゴール地点は広瀬高原

よくわからないままコースを突き進み、ゴールは広瀬小学校の付近。地図を見るとこのあたりは高原地帯で、少し人里離れた感はあるが、奥の方にもいろいろと観光スポットはある様子。ゴール付近にある福山市グランドゴルフ場では何組かグランドゴルフを楽しんでる様子。

f:id:gyozamimi:20201123184443j:plain

f:id:gyozamimi:20201123184455j:plain

 

少し休憩して補給食の羊羹を食べてから下山。

駅家方面に戻る途中、何組かのローディ達が四川ダム方面へ向かう姿を見かけた。やはり人気のヒルクライムスポットなんだな。

辛ラーメンでランチ

駅家の駅近くでいくつかラーメン屋があるようだったが、距離の近い「中華そば 棗(なつめ)」に入ってみた。

店名の入った「棗(なつめ)そば」をチョイス。辛くて顔から汗が噴き出してくるが、普通にうまかった。

f:id:gyozamimi:20201123184524j:plain

 結構な距離を走っているので、ラーメン一杯じゃ足りないかなと思い、コンビニで焼きおにぎりを買ってその場え食べて再スタート。

 

 府中の街を通りすぎる最中に悲劇が・・・

ここからは国道486号線をまっすぐ進む、車では何度も通ったことのあるルート。懐かしい府中家具の館を通り過ぎて順調にすすむ。

市街地を抜け芦田川沿いに出たくらいに、なんか気分が悪いなと思ってたら、急に腹が痛くなってきた。幸いコンビニが直ぐ近くにあったので、トイレに直行。

辛ラーメンが、疲れた体に合わなかったのか、昨日に続き強度の高いライドをしているせいか、ダウンヒルでお腹が冷えたのか・・・、兎に角30分くらいトイレでツライ思いをする羽目に・・・。

ようやく腹痛が収まり、念のため温かいお茶を買って、ビブショーツの中に突っ込んでお腹をあっためながら前に進むことにした。遠目にはわからないことを祈りつつも、ちょっとした変態おじさんである。

雨に降られるも無事帰着

本当は羽高湖(はたかこ)というところまでのヒルクライムもルートに入れていたが、時間もだいぶロスして、トイレでゲッソリしたのでパスして、486号線を尾道方面にひた走る。184号線に入ってからけっこう長い上り坂が続いたが、何とかクリアしもと来た県道55号線に入る。

雨がポツポツと降ってきて更なる追い打ち。連続のライドで挫骨もかなり痛い。

つらい帰り路となったが、何とか無事家に帰りついて一安心。雨もポツポツどまりで助かった。

 

データ・装備

色々あったが、過去最長距離の118kmとなった。朝の出だしは最低気温7℃で夏用グローブで大丈夫かなと思ったが、手はかじかんだものの我慢できる範疇だった。昼間は十分温かかったので、冬用グローブにしなくて正解だった。

 

最低気温 7℃
距離/走行時間/獲得標高 117.76km / 5:04:50 / 1,073mUP
バイク TREK EMONDA ALR6(2015)
コンポーネント ULTEGRA6800系、クランク50-34、スプロケット11-34
ホイール Shamal Mille C17
タイヤ Grand Prix 5000 25c
サイコン Garmin Edge530
センサー Bontrager Duo Trap-S, Wahoo TICKR FIT
フロントライト CATEYE VOLT200
リアライト MOON ARCTURUS AUTO LTD
ペダル シマノ PD-R550
シューズ シマノ R171W
アイウェア ユニクロ スポーツリムレスサングラス
ジャージ Twin Six The Drifter Jersey
アウター Castelli Perfettoベスト, パールイズミ ストレッチウィンドシェル2300
インナー dhb 半袖シームレスベースレイヤー
パンツ Twin Six HC Bib Shorts
ヘルメット OGK KOOFU WG-1 XL/XXL
ソックス dhb Aeron Mid Weightメリノソックス
グローブ BATONサイクリンググローブ 夏用