GM's Cycling

Gyoza-Mimi's cycling diary

2020/10/11 野呂山ヒルクライムで獲得標高1,500m超え

野呂山に来るのは2回目。前回は今年の1月。前回はヒルクライムの登り口を間違えたのもあったが、野呂山のある川尻まで自走で40km走った後でヒルクライムをする脚力がまだ足りなかったのが大きい。

最近は竜王ヒルクライムを中心にかなり数をこなして脚力がついているので、自身を持って登ることができた。あと、登り口を間違えずにスタート。「筋断野呂山ルート」という小さい自転車用看板が目印。前回は「うぐいすライン東口」という処から登り始めたが、勾配がかなりキツイ上に上がったり、下がったりで足をあっという間に削られた。

 

今回野呂山ヒルクライムをするにあたり、距離が竜王山よりも長いこともあり、前半でバテないように、以下を意識した。

 

 

前半は比較的9%~10%の勾配が大きい坂が続き、上記ポイントを意識し、無理をしないで登る。後半は前半に比べると勾配が緩くなり、気が付くとゴールのロータリーに着いていた。

 

ロータリーを東方向に進むと、ビジターセンターなどの観光施設のあるエリアがあり、大きな駐車場の木々が既に紅葉していていい感じに色づいていた。

 

そこから、更に景色がよいと言われている「かぶと岩展望台」まで自転車で進むと、木製の展望台から絶景を堪能することができた。3人の家族連れがいて、写真を撮ってあげたら、「年賀状にします」と言ってくれて少し嬉しかった。

 

 

 

平地と比べ山の上は肌寒く、下りは寒くなるだろうと思い、登る前に脱いでいたアンダーウェアを改めて着直した。山を降りたあとにサングラスをどこかに置き忘れてしまったことに気が付いたが、この時だったのかもしれない。家に帰ってから展望台近くのレストハウスに電話してみたが、レストハウスの方は全く心当たりはなさそうだったので諦めた。

中腹の「ハチマキ展望台」からの景色もきれい

 

 

野呂山山頂エリア(どこが山頂なのかはわからなかった)は、宿泊施設や登山コース、キャンプ場など色々家族で楽しめるスポットが多そうなので、いつか家族で来てみたいと思った。

帰り路、川尻から安浦方面に行く途中に185号線沿いにあるラーメン屋「五苑」でランチ。シンプルなラーメンを注文し、おいしくいただいた。(値段は税込み770円で少し高め)



朝6時半に家をスタートして、13:30ころに帰着。走行距離は109km、獲得標高は過去最高を更新し1,574mだった。今日も楽しいライドだった。